【レビュー】ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン

      2016/03/15

アイズオブヘブン

「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」の個人的レビュー記事です。
※PS4版を管理人はプレイしています。

スポンサーリンク

ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン レビュー

グラフィック 10点

「ジョジョの奇妙な冒険」ファンに恥じないグラフィックだったと思います。
世界観に合った配色や、リアリティがありました。

ボリューム 6点

前作(オールスターバトル)でもボリューム不足が話題となりました。
その点は、オリジナルストーリーで少し解消されました。
が、10時間程度のボリュームであったため、少し残念。

サウンド 5点

可もなく不可もなくと言ったところです。
前作(オールスターバトル)と同じ音楽を使用したりしているところを
見ると、他のところに力を入れたのだと思います。

ストーリー 8点

オリジナルストーリーは、若干チープな部分もありながらも、
最後は上手くまとめてきたと思います。
承太郎の隠れた心情を色々と想像すると、グッとくるものがありました。

キャラクターの魅力 10点

総勢52人(+特典1人)のプレイアブルキャラクターを、
見事忠実に原作の魅力を再現したと思います。
この点は、個人的に一番すごいことだと思います。

わかりやすさ 8点

ストーリーも基本1本道なので、どこでなにをすればよいかが
わからなくなることはありませんでした。
その他モードについても、チュートリアルがしっかり表示されるため、
わかりにくいという状況にはなりません。

操作性 6点

かなりのプレイアブルキャラクターを、しかもそれぞれの特性・魅力を
活かした構成にしたからか、1キャラ1キャラの操作性がかなり異なり、
それぞれの操作にかなり戸惑う部分がありました。
キャラクターの魅力と相反する部分もあり、難しい部分です。
ジョニィの使い方が、良くわからないままです(苦笑)

ゲームバランス 7点

個人的にはオンライン対戦をさほどしなかったので、気になりませんでしたが、
やはり個性を強く出したせいか、強キャラが出てしまっているようです。
今後アップデートでバランス調整は継続していくとのことです。
ストーリー中に、特に敵が強くて詰まったりすることはなかったので、
ゲームバランス的にさほど問題はないかと思います。

やり込み度 6点

前作(オールスターバトル)と比べると、ストーリー全Sランク制覇など、
やり込み要素は増えています。
ジョジョリティを一定数集めるというやり込み要素は、なかなかに
面白かったです。しかし、それでも全キャラ操作する必要がないというのは
少し物足りなかったかなぁ。

熱中度 8点

オリジナルストーリーの展開に魅了され、また、ストーリー全Sランク制覇
で、かなり個人的には熱中できました。

合計点 74点!(B評価)

前作(オールスターバトル)と比べると、比べ物にならないくらい大幅進化です。
前作の批判にめげずに頑張った製作陣は本当にすごいと思います。
こうやって、ゲームって進化していくんだなぁと考えさせられました。
次回作、期待しています。

下記は、トロフィー観点の加点です。

トロフィー 9点(やや容易) ⇒ 合計点 83点!(A評価)

トロフィーの取りやすさはやや容易です。正確な時間はわかりませんが、
おそらく30時間程度でしょうか。
トロフィーの難度から見ても、お勧め作品です。

以上、レビューでした。

ランクについて

100点~80点 A評価
80点~61点  B評価
60点~41点  C評価
40点~21点  D評価
20点~0点  E評価

 - ゲームレビュー