HOMEFRONT the Revolution(PS4/XBOX ONE)予約情報 2016年5月19日発売予定

   

HOMEFRONT THE REVOLUTIONのジャケット画像です。

PS4/XBOX ONEソフト、「HOMEFRONT the Revolution」の予約情報です。

スポンサーリンク

【PS4/XBOX ONE】HOMEFRONT the Revolution

ジャンル

オープンワールドFPS

ゲーム概要

これはゲームか現実か。

最近のゲームは映像がすごいです。まるで現実のような錯覚さえ覚えるリアルなオープンワールドがまた誕生します。

その名も「HOMEFRONT the Revolution」。

ジャンルはオープンワールドFPSで、PlayStation4とXBOX ONEでのマルチプラットフォーム!

「HOMEFRONT the Revolution」は2016年5月19日に発売されます!

「HOMEFRONT」の未来の世界を描く

2011年4月に発売されたFPS「HOMEFRONT」。

本作「HOMEFRONT the Revolution」は、その未来である2029年のフィラデルフィアを描くゲームとなっています。

KPAによる非人道的なアメリカ侵攻から4年が経ち、傍若無人な統治が行われるフィラデルフィアで主人公「イーサン・ブレイディ」はレジスタンスへの参加を決意します。

革命軍へ参加することで、迫害されている人々に希望の光を灯すため、強い志を持って、立ち上がります。

主人公「イーサン・ブレイディ」は、レジスタンスの一員として、どのように戦い抜くのでしょうか。

PlayStation4、XBOX ONEの性能を最大限に活かし進化した本作「HOMEFRONT the Revolution」は、グラフィック的な意味でも非常に楽しめるゲームとなっています。

HOMEFRONT THE REVOLUTION アメリカ陥落のスクリーンショットです。

陥落してしまったアメリカ。途方もない絶望が市民を襲う。

オープンワールド要素もあるストーリーモード

では、ストーリーモードの詳細を解説しますね。

本作「HOMEFRONT the Revolution」は、主人公「イーサン・ブレイディ」がレジスタンスとして、支配体制を徐々に強めているKPAからアメリカを救うために奮闘するストーリーが描かれます。

舞台となるフィラデルフィアは、広大な地域で、オープンワールドのような形で移動することが可能です。

ただし、KPAによっていくつかの地区に分断され高い壁に取り囲まれ、厳重な監視体制が敷かれている状態で、各地域へ移動するのも至難の業。

それぞれの地区は大きく「レッドゾーン」と「イエローゾーン」の2つに分類され、「レッドゾーン」ではKPAとの激しい戦いが、「イエローゾーン」では様々な活動を行い、人々の心を動かしていく展開となります。

それぞれの地域で全く異なるゲーム性が取り入れられています。

レッドゾーン

KPAの重要施設が存在する地域が故に、KPAとの激しい戦闘が避けられません。

KPA兵は、歩兵はもちろん、戦闘車両やドローンまで配備されており、一瞬たりとも気が抜けません。

侵入者に対しては容赦ない攻撃が行われるが、レッドゾーンの制圧はKPAの重要施設の1つを潰したと言っても過言ではないくらい、レジスタンスによっても重要な地域です。

イエローゾーン

KPAの監視の元、市民が暮らす地域です。

自由を奪われ、苦しい生活を余儀なくされている市民が多く暮らしています。

市民の救出や、家を失った路上生活者への寄付、ラジオを通じてのメッセージ発信など、希望を失った市民に希望を再び芽生えさせてあげることが一番の目的です。

レジスタンスの参加によって指名手配となっている主人公「イーサン・ブレイディ」は、比較的KPAの監視が薄いイエローゾーンと言えど、危険な状態は続きます。

武器を隠して、市民に紛れ行動することで、危険を最小限にすることができます。

HOMEFRONT THE REVOLUTION ストーリーのスクリーンショットです。

KPAの重要拠点を制圧しよう!

天候を利用した戦術など、優れたシステムがたくさん

少し、システム面も見ていきましょう。

本作「HOMEFRONT the Revolution」には、優れたシステムが盛りだくさんです。

環境を利用した戦術

ゲーム中は、常に時間が流れるシステムが採用されており、昼から夜へ、夜から昼へ変わるのはもちろんのこと、晴天であったり雨が降ったりと天候も刻々と変化していきます。

プレイヤーは、その環境のメリット・デメリットを把握して行動する必要があります。

それによって、環境を味方にした有利な戦況を作り出すことも可能です。

例えば、レジスタンスは、KPAに比べ兵力に差がありますので、白昼堂々攻め込むのではなく、夜に闇夜に紛れて奇襲を仕掛けるなど、プレイヤーそれぞれで色々な戦術を立てることが可能です。

カスタマイズ要素

自由度の高いカスタマイズ要素も、本作「HOMEFRONT the Revolution」の魅力の1つと言えるでしょう。

戦闘に使用する銃器に装着するサイレンサーなどのアタッチメントは、ゲーム中いつでも付け替えが可能となっています。

戦況や自分の役割に応じて切り替えることが可能なので、リアルタイムな変化に上手く立ち回ることができます。

オンラインモード

オンラインモードでは、自分の分身であるキャラクター(アバター)を作成し、プレイすることになります。

本作「HOMEFRONT the Revolution」では、最大4人でのオンラインプレイが楽しめます。

プレイヤー同士で協力するミッションは白熱必至です。

ミッションで得た報酬で、銃器やキャラクターの外見やスキルを変更することもできます。

何度も繰り返し繰り返し遊べるモードになっています。

HOMEFRONT THE REVOLUTION カスタマイズのスクリーンショットです。

キャラクターの見た目も変わるカスタマイズ要素。

まとめ

いかがだったでしょうか?

FPS最新作「HOMEFRONT the Revolution」。

興味が湧いてきた方が少しでもいてくれたら嬉しいです。是非「HOMEFRONT the Revolution」、プレイしてみてください!

紹介動画

ご予約・購入はこちら

公式サイトはこちら

HOMEFRONT the Revolution 公式サイト

 - 2016年5月発売, 2016年ゲーム予約情報, PS4(201605), XBOX-ONE(201605), ゲーム予約情報